公伝直報「仮想通貨取引の日々」

WAKKAの仮想通貨好き勝手ブログ

ビットコイン攻略 BTCFX 日足で見るならログスケールで。ログスケールとは変動率を見やすくする。上昇率、下降率の意味を考える。

 クジラと呼ばれる超大口。出来高が多いところは、莫大な原資がある大口の売買です。

1億円の20%の変動があると2000万円の利益ですよね。大口はマイナーな通貨の相場を操作しやすい。よってマイナーな通貨は激しい値動きをします。一見、激しい値動きのチャートに見えますが、これをログスケールで見ると違って見えます。

 

MONAの日足で見て見ましょう。

 

 これが通常のチャート画面。0円からのスケールを均等で表しています。急激に大暴落して横ばいが続いているように見えます。

f:id:pirikaporika:20190219210241p:plain

 

 MONA日足をログスケールで見ると、2017年の異常な大暴騰から、時間の経過とともに均等に値を落とし、40円で止まり、今まさに4回目の下降トレンドから抜けるかどうかの境目にいることが分かります。

f:id:pirikaporika:20190219210545p:plain

 ログスケールで見えるものは変動率です。

1万円で10円の通貨を1000枚買って20円になると1万円の利益が出る

1万円で100円の通貨を100枚買って200円になると1万円の利益

どちらも同額の利益です。

 10円から20円に上がることは容易く、100円から200円に上がるのは難しく見えますが、単価が安くなれば買える枚数が多くなり、板が厚くなります。動きは鈍くなり単価は上がりにくくなる。

 単価が高くなると板が薄くなり、値が激しく動きやすくなる。つまり、利益率で見ると、10円が20円に上がる変動率と、100万円が200万円に上がる変動率は共に100%です。

 ログスケールでは、変動率が基本になっているために、スケールの価格が標準と違います。価格が上がるにつれて、幅が狭くなっています。

f:id:pirikaporika:20190219214738p:plain

 通常のチャートでは見えない変動率での分析では、人間の心理が見えてくると思います。

 あなたは原資が100万円で含み益が倍になり200万円になっても売りませんか?

 マイナーな通貨の中で1枚1円の通貨を100万円分買い、2円になって倍になる。マイナーとはいえ板が厚ければ値動きは鈍い。板が厚ければ売りやすい。そういったコインは売買しやすい。

 

 しかし、草コインは危険です。板が極端に薄く、高値でつかんだ場合あっという間に原資を失う。

 大口が底値でコツコツ買い集め、ある程度集めたら、今度は上昇トレンドを作る。それに食いついたイナゴがさらに値を上げたところで大口はコツコツ売る。もう上昇しないとなったらそこで一気に売る。

 その典型的なチャートがイナゴチャートですね。

この大口の動きが読めたなら爆益だと思いますがそれが難しい(笑)

 ログスケールで見ると、大口がどこで仕掛けるかが見えてくるかもしれません。

 時々日足をログスケールで分析してみてはいかがでしょう?1時間足では見えてこない意外な発見がありますよ。

 

おさらい

 1枚1億円の通貨があったとして1枚2億円になると100%の変動率です。

 1枚1円の通貨が1枚2円になったとしても100%の変動率です。

 

BTC/USD

FINEX取引所のログスケールです。

BTCは過去0ドルだったことがあります。

f:id:pirikaporika:20190219212959p:plain

 

 

ログスケール、楽しいですよ?(ニヤニヤ)

ちなみに、1時間足程度のログスケールではあまり参考になりませんよ。

Reason why Crypto does not spread

Market price where the price is sluggish.

In Japan, interest became interesting in fundamental topics.

There is no topic of spreading Crypto.

I thought about why the spread did not progress.

Improvement and diffusion of wallet does not proceed.

It is important for wallets to be easy to use and improve even for the general public.

It is difficult to help after losing the wallet's secret key.

There is no safe site that can store a large amount of Crypto in Japan. Paper wallets are not common.

Crypto will not come back if you mistake the remittance destination.

Even if wallets are popular, price fluctuation is intense.
It is not stable as a currency.

Even if you use it in business, calculation is very complicated.

If the exchange causes problems, the legal currency exchange service of the exchange is out of order.

It is unsuitable for settlement of familiar shops. Remittance speed is slow except XRP.

The withdrawal fee from exchanges is expensive.

Even if you put Crypto in a large wallet, you can not deal with when the market price changes suddenly.

It is impossible for the general public to understand the block chain.

 

 

At the moment, what kind of usage is best?

 

Transfer to another country.
Sales of digital data.
Specialty book
Research paper
Medical data
Other · · ·
Sell intellectual property from America to Africa.
There is no troublesome foreign exchange procedure.
In other countries, the remittance speed is worth the speed of light.

It will be good for communication education.

Web camera teacher service.
A rude teacher is cheap.
Trusted teachers are expensive.

 

The point, remittance means of consumers and service industry in the distance.
It can only be used for this purpose at the present time.

Currently most suitable for settlement is XRP.
However, other Cryptos are also improving day by day.
There is no future?
No, it is not.
It has not started yet.
It is an experimental stage now.
Market, function, improvement, just started.

I do not know what it will look like, but Crypto is fun to use.
I want the world to be enjoyable.

Thank you

 

English sentences may be wrong. I apologize if I made a mistake. I'm sorry.

 

日本語はこちら

仮想通貨が普及しない理由と、現状どういう使われ方が好ましいか。現状ではXRPが先行している。 - 公伝直報「仮想通貨取引の日々」

簡単だった。PC強化プラン最終日、USB3.0増設ポート5Gbps (外部電源不要)を5分で組み立て('ω')

  もともとマザーボードのUSBポートが少なく、USBハブを買って繋げていたのだが、さすがに1ポートでこれだけつなげるのはどうなんだろうかと思い、ポート増設をすることに決めた。

f:id:pirikaporika:20190218111359j:plain

 

 無線関係は電波が遮断されないように、なるべく背面は避けるべきだが、その他は背面に収まるようにしたい。1ポートだけに負荷がかかるのはよろしくない。

 

 

 というわけで、PC強化プラン最後の部品、USB3.0増設ボード4ポート5Gbps(外部電源不要)が届いた。この製品は外部電源コードが不要のタイプなので取り付けもスムーズに行きそうだ。早速取り付け作業に入る。

f:id:pirikaporika:20190218135108j:plain

 

 

 取り付けといってもマザーボードPCI-Eスロットにスーパーファミコンカセットのようにズコッっと差し込むだけである。

 分かりにくいが、グラボの上にPCI-Eスロットがある。

 グラボの下のPCI-Eスロットに装着してしまうと背面のモニターケーブルをかき分けてUSBポートを探らなきゃならんから抜き差しが大変だなあと思ってグラボの上に付けることにした。

 まあ、USBなんて滅多に抜き差ししないけど。

f:id:pirikaporika:20190218144403p:plain

 



 

いくぞ!装着!ズコッ!

f:id:pirikaporika:20190218140054j:plain

あっさり入った(*´Д`)

 

ねじ止めをして・・・でけた。作業開始から5分程度。

f:id:pirikaporika:20190218140644j:plain

そして、作動設定。付属のCDの中にドライバが入ってるはず・・・・

あれ?もう作動してんじゃん。

完了!

あっさりしてんなあ。ドライバインストールが手こずるんじゃないかと思ったけど心配して損した。4ポートとも動作確認してすべて終了。

f:id:pirikaporika:20190218140948j:plain

 

安物だから、どのくらいの期間で逝かれるかわからんけどね。

余は満足じゃ。(どうせ後からまたなんか増設したくなるんだろうなあ

 

ちなみに、無線関係はマグネット式のUSBハブでこういう感じにしています

f:id:pirikaporika:20190218143000j:plain

 

 

 USB接続が増える原因は、無線をなるべく使いたくないからです。有線こそ最速だと思っているので。それと無線の場合、端末の電池を消耗しますからね。廃棄するのに面倒。そういった意味からなるべく有線にしています。PCの電源は600Wを使用。