公伝直報「仮想通貨取引の日々」

WAKKAの仮想通貨好き勝手ブログ

BTCFXトレード上達への道。出来れば毎日読もう!失敗のパターンを知る。失敗を少なくする。分析のコツ

まとめは、最後に記載

 

 

上手な人はセンスがあって、自分には・・・。
というのは勉強と経験でカバーするしかないと思いますよ。
大勝はできなくとも小額でも利益を維持できれば
真のプロだと思います

感は経験から生まれるものだと思います。

— 公伝直報ワッカ (@pirikam) March 29, 2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ。

 

テクニカル分析、手法などの研究は日々皆さん独自になさっていると思います。

その一連の作業の中で、連続で失敗をしてしまう。

これに悩んでいる人が多いと思います。

ルールや手法を無視してどんどんトレードをする。

それは、損失を取り返そうという気持ちです。

メンタルの部分が大きいと思います。

 

相場において損失を出すのは当たり前であって、それをいかに減らすかが焦点。

 

失敗した相場から一旦離れる自制心。

 

検証作業。

 

チャートの見直し。

 

そして一番重要なのが休憩。

 

損失のままその日を終えることはとても嫌な気持ちになります。

しかし、相場から離れて次の日になったら証拠金は減っていますが気持ちは楽になっています。

冷静にチャートを見ながら前の日の取引を検証すると、いかに難しい場所で違う方向性から余計なポジションを持っていたかがわかります。

そして、今日は自分の得意な相場なのかを見極めて、エントリー場所を探す。

エントリー場所を探したならば、そこに近づくまで待つ。

 

短期スキャ以外、待つことが仕事です。

 

あなたは普段、何分、何時間の取引をしていますか?

そのことも忘れてエントリーを繰り返したら危険信号です。

証拠金の5%以上損失を出したなら

その日は止めたほうがいいです。

というか5%以上は致命傷と思ったほうがいいです。

 

「昨日大勝したからその分も減っていいや」

これは末期です。すぐやめたほうがいい。

 

連続失敗を少なくする方法は、休んで待つ。これです。

 

この当たり前のことが難しいのは私の持論ですが

アドレナリン、ドーパミンなどの脳内麻薬が脳内に満ちているからだと思っています。

 

頭を冷やす。

 

休憩する。

 

脳内麻薬が切れるのを待つんです。

 

科学的に言うと納得してしまうのが人間。

 

あー頭に血が上ってるなーと思ったら、この文章を思い出してください。

 

 

大相場になればなるほどドテン病を発症するのは

 

致命的な損を出して

 

取り返そう

 

という欲です。

運よく取り返すと安堵しますが、それが癖になってしまうといつか退場します。

 

連続失敗を少なくするポイント

方向性リセット

休憩

待つ

分析しなおし

上手いものを食って寝る

 

誰しも失敗はあります。それを少なくしましょう

 

無限にある良エントリーポイントをゆっくり探しましょう