公伝直報「仮想通貨取引の日々」

WAKKAの仮想通貨好き勝手ブログ

ビットコイン攻略(BTC):低迷を続けるビットコイン。長い足で見て考察してみる。(御大層な話ではないです)

 低迷を続けておりますBTCですが、今後はどうなるのでしょうか?

 長い足で出来高を見て考察してみましょう。

 

今回は出来高に注目して、さらっと考察。

まずはBF、MEX、FINEXの順で、月足を見てみます。

 

 

BFの月足チャート

f:id:pirikaporika:20190130014607p:plain

 

MEXの月足チャート

f:id:pirikaporika:20190130014712p:plain

 

 

FINEXの月足チャート

f:id:pirikaporika:20190130014905p:plain

 

 パッと見て、順序良く出来高が移動しているように見えます(テキトーに言ってます)

FINEXの現物取引の熱が先に冷めて、MEXに移行、その後MEXが廃れてなぜかBFの出来高が右肩上がり。

 

 無論、出来高の規模は違いますが、現物取引が減少して、法定通貨でのFX取引が盛んになって、これからどうなるかということです。しかし、この3つの取引所だけでは計り知れない。ということで、他の取引所の月足はどうなっているか見てみました。

 

COINBASE

f:id:pirikaporika:20190130015828p:plain

 

 

BINANCE

f:id:pirikaporika:20190130020102p:plain

 

 

現物での取引は、BINANSEでテザーとのペアが右肩上がりです。現在の出来高ランキングでも1位ですね。現物取引の市場は、FINEXからBINANSEへ移動しているように感じます。

f:id:pirikaporika:20190130020911p:plain

 しかし、今もFINEXを参考にしている人が多いです。理由は大きく動くときの主導権がFINEXにあるからですね。普段は出来高が少ないことを意味します。

 

 意外なのはBFの出来高が右肩上がりだということです。今月は先月より減少。BFを主戦場にしているスキャ勢が非常に多いということですね。

 

まあ、パッと誰でも気が付くとは思いますが、

 MEXでの取引はBTCをショートして利益出しても、BTC現物自体が下がっているので大した利益が出ないんですよね。

 

 結局BTCが上がらないとMEXでは不利な状況になる。ついついハイレバになり焼かれる現象が続いて離れる人が多いのではないでしょうか?

 

 法定通貨のほうがやりやすい。となるとBFに流れる。スキャやりやすい。

 

 達人級のスキャ勢にやられる。こういう構図ができて、BFの右肩上がりの出来高は新規登録が再開しない限り、減少すると考えます。価格の変化は鈍化するでしょうね。おそらく。

 

 鍵を握るのは現物の動き。

巡り巡って結局FINEXの出来高を重視ということですね

 

相場はFXから動く。だれでも知っていることです。

初動MEXかBF→FINEXで押しの構図は変わりません。

大した考察にならなかったw

 

 しかし、今後BINANSEは急成長するかもしれません。時々チェックしたほうがいいでしょう。

 

 いなごフライヤーのバイナンスの音を気にかけたほうがいいかもしれません。自分の場合ですけど、効果音の設定をFINEXと同じ枚数に設定してあります。

 

以上です。