公伝直報「仮想通貨取引の日々」

WAKKAの仮想通貨好き勝手ブログ

2018年 ビットコインFXを振り返る

 2018年に入り、仮想通貨全体が暴落の一途をたどって行った。トドメはコインチェックの事件。1月はFX再開しようか迷った時期だった。しかし、ファンダが通用した去年とは違う相場になった。いくら好材料が出ても上がらない日々が続いた。むしろ悪い状況にばかり進んでいく。FX勢はショートすれば儲かるという言葉しか出ていない。現物では儲からない。となればFXは有利。

 しかし独学で研究していたテクニカルは通用しないと気が付き、ネットを漁ってテクニカルを勉強し始めた。遅すぎるとは思ったが、やり始めた事が大事。

 それと去年の利益分の税金が本当に計算どうりなのかどうか不安だった。確定申告が終わり、計算どうりの金額だった時には本当にほっとした。

 3月、住民税分を別口座に移してBTCFXに望む決意を固めた。

 MONAの事は忘れることにした。というか去年の12月、Zaifで注文を出しても注文が通らなさ過ぎてウンザリしていて触る気にもならなかったし、1000円以下にはならないだろうという安易な考えで放置していた。

 FXのテクニカルを学ぶ上で、Criptowatchのチャートでは不足に感じ、tradingviewに変えた。しかしインジの表示数が限られいて満足できなかったのでPROプランを購入。料金はBTCでの支払いができたのでBTCで2年分を支払った。ファンダ分析も続け、がむしゃらに知識を詰め込んで取引も再出発した。

 3月はまだ自分の手法が通用した時期だった。出来高が減少してきた後に暴騰暴落が起きる。FINEXから動き、BFが後に続く単純な相場。あとは暴騰暴落が起きる時間帯をを待てばいいだけ。そう思い、クジラちゃんグラフを作成。これがとても役に立った。Twitterでも好評で、インフルエンサーの方々も自分をフォローしてくれた。今ではそれは当たり前のことになっている。

wakka777.hatenadiary.com

 待機時間が長すぎて疲労困憊していた。

しかし、この手法も通用しなくなる。7月あたりは心電図相場だった。このころから順張りイナゴは狩られる立場になった。逆張りひげ取りの黄金時代が始まる。これが2018年後半、ずっと続いていたように感じる。自分は逆張りひげ取りが苦手で苦戦した時期だった。

 2018年は1BTC 60万がとても固い底だった。しかし、それを割ったときの分析をしていた人は本当に少なかった。40万まで落ちるのでは?という言葉に反応した人は皆無だったと思う。

 2018年が終わり、2019年2月6日現在、36万円。相場は低迷しており参加者も少ない。これはマウントGOX事件の後の相場と似ている。あと1年は低迷するのでは?と思っている。一部では半減期を期待している声もあるが、自分はあまり期待していない。1年後の相場なんて想像は出来ない。

 10万から大暴騰して200万になり、200万から大暴落して60万になり、60万から大暴落して40万になった時のように。