公伝直報「仮想通貨取引の日々」

WAKKAの仮想通貨好き勝手ブログ

一般人の立場から見た仮想通貨が普及しない理由とは。現時点での仮想通貨の理想的な使われ方。仮想通貨の中ではXRPが優秀。

 価格が低迷している仮想通貨市場において、界隈は現物取引には興味を持てなくなっているようだ。ファンダについての発言が皆無になり、仮想通貨の普及にはどうしたらよいかという論議さえ無い。

 そこで普及が進まない理由として一般人の立場になって、価格の話を抜きにして客観的な目で自分なりにまとめる。

 

 まず第一にウォレットの改良、普及が進まない事。

 まずはお金を入れる器が一般人でも使いやすいものにしなければ普及しない。色々なウォレットがあるが、対応できる仮想通貨の種類は少ない。

 

 ウォレットの秘密鍵を無くした後の救済措置があまりにも難しい。その問題に対応していない事がほとんどだ。現金を入れる財布を無くしたら戻ってこない確率が高いが、大量の暗号資産を安全に保管しておく金庫のような場所すら満足にない。大量に購入しようにも、取引所にしか置く場所がない現状もある。また、送金先を間違えてしまうと戻ってこない。

 

 ウォレットが普及したとしても、価格の変動が激しい仮想通貨は通貨として非常に使いずらい。価格の変動があるからこそ今の投機行動があるが、これが無くなったら現物への資金の流入は減速してしまうジレンマがある。

 

 仮想通貨を主体に経済を回すには法定通貨への速やかな交換が必要であり、そのシステムが無ければサービス業を経営する側は計算がとても複雑になる。現在そのシステムも取引所が取り仕切っていたが、取引所が問題を起こすと何もできなくなる。別の器が必要と考える。

 

 普段の生活範囲での決済の送金速度が遅く流通は滞る。コンビニ、スーパーなどへの普及は遠い夢の話だ。クレジットカードよりは手数料が安いと思われがちだが、高額な仮想通貨をウォレットに入れるのは抵抗があり、少額を小出しにしていては取引所から引き出す手数料は高い。電子マネーのほうが優位性はある。

 仮想通貨の利点は海外への送金に有利であり、コンビニ決済には不向き。

 

 また、チャージするにしても取引所から購入しなければならない事。仮想通貨の自動販売機のようなものは皆無。一般人には取りつきにくい。

 

そして何より肝心の取引所の管理がずさんなことが弊害の大きな要因だ。

 

 これも重要な問題だが、高額な量の仮想通貨をウォレットの中に入れておいても価格が急変した時にすぐ売れない。

 

 現状使っている理由は物珍しさからであり、そもそも一般人にはブロックチェーンやマイニングなど理解できず、ブロックチェーンの性質に合ったサービスも皆無なことから普及しにくい。

 

 では、現状どのような使われ方が好ましいかを考えてみる。

 

 銀行口座こそないが、実質的に銀行の普通貯金口座から直接支払いができるシステムと同じだ。クレジットカードのように仮の支払いではない。その事から、残金の把握は常にできる状態で、クレジットカードのように過払い金は発生しない。よって、使いすぎを抑制できる。例えばデジタルコンテンツを購入する子供の小遣い管理にはとても重宝すると考える(ゲームの課金など)

 

 遠方への送金が容易なことから、遠方のデジタルデータ、書籍などの購入に重宝する。例えばアフリカの医師団に、日本やアメリカの医療技術などの情報を販売する事など。最先端の技術は送れないが、その手前の技術は販売できるといった情報を瞬時に送り、共有できる。余計な外貨手続きは無く決済も早い。こういう使われ方が理想ではないかと考える。

  そして昔から言われていたことだが、銀行口座を持てない国には仮想通貨は商売の道具として最適だ。

 先進国ではWebカメラでの色々選べる家庭教師サービスでの送金決済など、すこし考えれば現状使えるアイデアは出てくると思う。

 

 要は遠方にいる消費者とサービス業の間の手早い送金と決済手段が仮想通貨の売りだ。これは今のところ個人的な物流には適さない。

 

まとめとして

  • ウォレットの改良、普及
  • 仮想通貨の価格安定(理想としては緩やかな価格上昇)
  • 取引所の管理徹底とセキュリティ強化
  • 送金速度の改善
  • 送金先を間違えたときの返金システム
  • 安全に大金の仮想通貨を保管できる場所
  • 仮想通貨を気軽に両替できる場所
  • 法定通貨への交換システム

 

 今現在、送金先の誤認システム、決済スピードに関して一歩先を進んでいるのはXRPだけである。XRPを目標に他の仮想通貨は改良案を出してはいるものの、一般人の使い勝手がいいシステム案は無いといっていい。

 

 しかし現在最も一般人に受け入れやすいであろうXRPも、一般に普及できるレベルに行くためには、リップル社の柔軟な対応が望まれるが、現状は国際送金の使用目的以外は、まだ構想段階で普及段階には至らない。

 

 まず先にすべきは、仮想通貨が購入しやすい環境と同時並行で、一般人が扱いやすいウォレットの開発と普及が先だと考える。

 

 この先どうなるか、現物の値段を監視しながら慎重に見極めていきたいと思う

意見などは、Twitter@pirikamまで。

 

English version

Reason why Crypto does not spread - 公伝直報「仮想通貨取引の日々」