公伝直報「仮想通貨取引の日々」

WAKKAの仮想通貨好き勝手ブログ

若者の有り余る罪。Twitterでの炎上騒ぎについて一言くそまじめに文章を書いてみる

 最近Twitter上で若者の目に余る軽犯罪を見る機会が多くなった。

 どれもこれも子供じみた後先考えていない行為に憤りを感じる。

 彼らはただの悪戯で罪の意識は無いのだろう。

 バイトの賃金が安いから腹いせにやった?

 そんな理由で軽犯罪を正当化する事は出来ない。

 自分の能力のなさを棚に上げて喚く子供だ。

 その行為自体が軽犯罪だということを認識していない。

 器物破損、営業妨害。これらは罪だ。

 ちゃんとした罰則もあるし社会的信用を失うことになる。

 社会的信用を回復するのにどれだけ大変な思いをするか分かっていない。

 炎上騒ぎを起こしたかったから動画に撮ったとしか思えない陳腐な発想は

 後々自分の首を絞める事になる。

 小さい罪だとでも思っているのだろうか。

 Twitterのリプを見ればわかると思うが世間はそんなに甘いものではない。

 今の時代、個人情報も現在地なども全て漏洩してしまう。

 飽きるまで動画の人物を追い詰める人が出てくるだろう。

 自覚したほうがいい。

 犯罪行為で炎上した後が大変だという事。

 犯罪行為をしなくとも炎上するTwitterを見習ってほしい(なんか変だなw)

 エンターテイメントと犯罪行為は違う。

 こんな当たり前のことをブログの記事にすること自体が残念だけども、

 分別をわきまえた行動をしてこそ、

 本当の意味で人を笑わせられる動画を撮れると思う。

 人を笑わせることはとてもとても難しいものだ。